おすすめの食費節約術5選

節約

皆さん、こんにちは。今日は我が家で実践している食費節約術5選を紹介します。

食費節約術5選

買い出しに行く日を決める

我が家では、毎週土曜日の午前中に買い出しを行っています。

毎日仕事帰りに買うという方もいらっしゃるかもしれませんが、それだと毎日スーパーに立ち寄る時間がかかってしまいます。また、その日毎に買い物をすると、余計なものまで買ってしまう確率もあがるため、週に1回まとめて購入する日を決めた方が結果としてお得になると思います。

買い出し前に、冷蔵庫やパントリーを必ずチェック

皆さんこんな経験はありませんか?

①冷凍庫にいつ保存したか分からない肉がある
➁野菜室の隅っこから
腐った野菜が発掘される
➂必要だから買ったはずのものが、冷蔵庫・パントリーから発見される

最近こそなくなりましたが、我が家でも昔はよく発生していました。

特に粉もの(小麦粉や唐揚げ粉)は、毎日使うものではないため、久々に使う時に、ついスーパーで買ってしまい、家に帰り気づくことが多々ありました。

以降、冷蔵庫やパントリーは必ず確認してから買い物に出かけています。

スーパー毎の特色(売り)を掴む

・スーパーA ⇒ 肉の大容量サイズを購入
・スーパーB ⇒ 野菜、嗜好品を購入(イオン系列)
・スーパーC ⇒ PBを購入(PBがイオン系列よりも安い)

我が家では上記のように3店舗を使い分けています。

スーパーには必ず特色があります。魚が売りのところもあれば、肉が売りのところ、野菜が新鮮なところなど、スーパー毎に得意分野が必ずあります。

なので、買い物の際にはすべてを同じスーパーで揃えるのではなく、それぞれの売りを購入して回る方が結果的にお得になると思います。

スーパーが値引きする時間帯を狙う

・スーパーA ⇒ 開店直後に値引き品多数(生鮮食品)
・スーパーB ⇒ 開店後1時間ほどしたら値引きシールを貼る(加工食品)
・スーパーC ⇒ 20時以降に値引きシールを貼る(加工食品)

上記のように、我が家の近所のスーパーでは値引きする品や、時間帯が異なります。

値引きをしていないスーパーはありません。皆さんも身近なスーパーの値引きのタイミングを知っておくことで、お得に買い物ができると思います。

無理な節約はしない(嗜好品も買う)

必要最低限のみを買い揃えるだけでも、日々暮らしていくことはできますが、生活が豊かになるかと言われれば疑問が残ります。

ストレスもたまるし、息が詰まるような日常になってしまうかもしれません。

そこで、我が家ではお酒やお菓子といった嗜好品も必ず購入するようにしています。しかしその際にもビールが安い店、お菓子が安い店など、近所で最も安い店で購入するようにしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

我が家の場合、食材、日用品、お酒全て含めて毎月5万円もあればおつりが来ます。特に無理して節約しているというわけではないため、安くないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、少し工夫するだけで、お得にものをゲットできたり、予算内でより多くの商品を購入することができるようになります。今回の情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました